薬の副作用

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

脱毛の原因として考えられるのは、脱毛症などの病気だけではありません。例えば抗がん剤などの強い薬を飲んだ場合の副作用として、髪の毛が抜け落ちてしまうことがあるのです。これはがんを治すためには仕方がないことなのですが、かなり精神的にも体力的にもきつい状態だと言えるでしょう。しかも女性の場合には、髪の毛が抜けてしまうというのは相当辛い状態なのです。

しかし、がんというのは命を落としてしまうことが多い危険な病気なので、助かるためには抗がん剤の服用は欠かせないと言えるでしょう。では、髪の毛が抜け落ちてしまったら、もうそのままで一生涯生活するしかないのでしょうか。残念ながら毛髪の毛が生えてこなくなってしまう人もいるのですが、回復した後で、再び髪の毛が生えてくる人もたくさんいます。このような場合に備えて、医療用ウィッグを使用することも多いのです。

基本的には女性用が多くなっているのですが、もちろん男性用の医療用ウィッグも販売されています。しかし、抗がん剤などの服用には健康保険が適用されますが、医療用ウィッグの購入は、健康保険が適用されません。それでも医療用ウィッグを購入して、髪の毛の状態をよく見せたいと希望する人はたくさんいます。

関連HP:医療用ウィッグ・医療用かつらはライツフォル/口コミで人気

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

食生活の乱れ

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

最近は何でも外国の珍しい物を取り入れ、流行に流されるという悪い風習が日本にも根付いてしまいました。それは食生活にも影響を及ぼしているのです。昔の日本は地産地消が常識であり、和食中心の生活をしていました。そのため、脱毛症に悩む人の数も少なかったのですが、食生活が欧米化してきたことにより、栄養バランスが乱れて脱毛症に悩む人が増えたと言えるでしょう。

また、肥満の人が増加した理由も食生活の欧米化だと言えるでしょう。肥満になると血流が悪くなってしまうため、頭にも当然血液が循環しにくくなります。その結果、脳卒中や脳梗塞などの病気にもかかりやすくなり、脱毛症にもかかりやすくなってしまうと言えるでしょう。まずは普段の食生活を見直し、しっかりと睡眠を取ることや、適度な運動を心がけるなどの対策を練るべきです。

それでも脱毛症などで髪の毛が抜けてしまった場合には、医療用ウィッグなどでカバーするようになるでしょう。もちろん再び髪の毛が生えてくる可能性もあるので、頭皮の改善を行うことも忘れてはいけません。しかし、頭皮が蒸れてしまうと新しい髪の毛が生えてこなくなる場合があるため、風通しやよくて蒸れにくい医療用ウィッグを着用しましょう。

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

ストレスが原因

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

脱毛症という病気にかかる原因はいろいろとあるのですが、以前は遺伝が最も大きな理由と言われてきました。しかし、現在ではストレスが最も大きな理由と言われているのです。現代はストレス社会と言われているのですが、なぜストレス社会と言われているのかというと、いくら頑張っても給料が上がらない、ボーナスも支給されない、しかも仕事がきつくて精神的にも肉体的にもつらいという人が多いからです。

バブル時代は頑張れば頑張るほど給料も上がり、ボーナスもたくさん支給されました。それに対してバブルがはじけた後は、就職するのも難しいという有様です。しかも政治家の悪政によって、大増税が行われた上に物価高となり、非正規雇用が増えて正社員になるのが難しくなったことで、生活も苦しくなっています。これこそがストレス社会の原因だと言えるでしょう。

しかも女性が輝く社会と言いながら、女性を無理に働かせるような環境を作ったため、少子化がどんどん進行しただけではなく、女性もストレスで悩む人が増えてしまいました。その結果、女性も脱毛症に悩む人が増えたため、ストレス社会と言われているのです。そんなストレスはいろいろな病気を引き起こしてしまい、脱毛も促進してしまうと言われています。

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

脱毛してしまう病気

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

髪の毛が抜け落ちてしまう病気というのはたくさんあります。また、抗がん剤などの強い薬を使った副作用で髪の毛が抜け落ちてしまう場合もあるのです。特に近年はがん患者がかなり増えているので、髪の毛で悩んでいる人も多いでしょう。このようなときに役立つのが医療用ウィッグと呼ばれているかつらです。特に女性は髪の毛を気にする人が多いので、医療用ウィッグを使用する人の数も多いでしょう。もちろん男性でも使用する人はたくさんいます。

抗がん剤などの副作用だけではなく、脱毛症という病気で髪の毛が抜け落ちてしまうこともあるのですが、脱毛症の多くは男性がかかりやすいと言えるでしょう。特にAGAと呼ばれている男性系脱毛症という病気は、男性限定の病気となっています。女性であっても脱毛症にかかることがあるのですが、脱毛症で髪の毛が抜け落ちたときにも医療用ウィッグは使用されているのです。脱毛症というのはいろいろな種類があり、先ほど紹介した男性系脱毛症だけではありません。

他にも女性特有のびまん性脱毛症という病気がありますし、比較的男性がなりやすい10円ハゲとも呼ばれている円形脱毛症もあります。さらに牽引性脱毛症や分娩後脱毛症というのも、女性特有と言われています。このようにいろいろな病気で髪の毛が抜け落ちてしまい、悩んでいる人も多くなっているのです。当サイトでは脱毛症などで髪の毛が抜けてしまった場合の対処法として、医療用ウィッグの使用をすすめています。

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket