ストレスが原因

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

脱毛症という病気にかかる原因はいろいろとあるのですが、以前は遺伝が最も大きな理由と言われてきました。しかし、現在ではストレスが最も大きな理由と言われているのです。現代はストレス社会と言われているのですが、なぜストレス社会と言われているのかというと、いくら頑張っても給料が上がらない、ボーナスも支給されない、しかも仕事がきつくて精神的にも肉体的にもつらいという人が多いからです。

バブル時代は頑張れば頑張るほど給料も上がり、ボーナスもたくさん支給されました。それに対してバブルがはじけた後は、就職するのも難しいという有様です。しかも政治家の悪政によって、大増税が行われた上に物価高となり、非正規雇用が増えて正社員になるのが難しくなったことで、生活も苦しくなっています。これこそがストレス社会の原因だと言えるでしょう。

しかも女性が輝く社会と言いながら、女性を無理に働かせるような環境を作ったため、少子化がどんどん進行しただけではなく、女性もストレスで悩む人が増えてしまいました。その結果、女性も脱毛症に悩む人が増えたため、ストレス社会と言われているのです。そんなストレスはいろいろな病気を引き起こしてしまい、脱毛も促進してしまうと言われています。

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket