食生活の乱れ

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

最近は何でも外国の珍しい物を取り入れ、流行に流されるという悪い風習が日本にも根付いてしまいました。それは食生活にも影響を及ぼしているのです。昔の日本は地産地消が常識であり、和食中心の生活をしていました。そのため、脱毛症に悩む人の数も少なかったのですが、食生活が欧米化してきたことにより、栄養バランスが乱れて脱毛症に悩む人が増えたと言えるでしょう。

また、肥満の人が増加した理由も食生活の欧米化だと言えるでしょう。肥満になると血流が悪くなってしまうため、頭にも当然血液が循環しにくくなります。その結果、脳卒中や脳梗塞などの病気にもかかりやすくなり、脱毛症にもかかりやすくなってしまうと言えるでしょう。まずは普段の食生活を見直し、しっかりと睡眠を取ることや、適度な運動を心がけるなどの対策を練るべきです。

それでも脱毛症などで髪の毛が抜けてしまった場合には、医療用ウィッグなどでカバーするようになるでしょう。もちろん再び髪の毛が生えてくる可能性もあるので、頭皮の改善を行うことも忘れてはいけません。しかし、頭皮が蒸れてしまうと新しい髪の毛が生えてこなくなる場合があるため、風通しやよくて蒸れにくい医療用ウィッグを着用しましょう。